治験モニター募集

治験モニターの特徴

治験モニターとは、新薬の効き目や安全性について確認するために、実際にその薬を試す被験者となるバイトです。私たちが普段使っている薬は、被験者の「治験」を経て厚生労働省の承認を得た薬を使用しているのです。
治験とは、薬として国から承認を得るために厚生労働省の指導のもとに実施している臨床試験のことです。治験は新しく開発された薬の有効性の確認や安全性を評価するために繰り返し試験が行われます。第1相~第3相まで試験段階があり、各段階のデータ結果をまとめて厚生労働省に提出し、承認を得て薬として使用されるようになります。

〇治験モニターの仕事内容
治験は通院するタイプと入院するタイプがあります。通院タイプは比較的拘束時間が短く、入院の場合は数日~1ヶ月程度施設に入院することになります。どちらのタイプも薬やサプリメント、健康食品などを服用し、服用後の変化を調べるために行われます。治験の内容によって頻度や量は異なりますが、ほとんどの場合、採血が行われます。入院の場合は、他の被験者と集団で入院することになり、起床、消灯、食事時間などは決まった時間に行われます。決められた時間以外は比較的自由に過ごせるようです。

〇給料ってどのくらいもらえるの?
治験モニターの相場は、日給で1日あたり1万円~2万円程度が相場です。入院タイプの方が拘束時間が長い分、通院タイプよりも日給は高くなります。ここでは給料という言い方をしていますが、正しくは報酬にあたるため税金はかかりません。最終日に手渡しでもらえる場合と銀行振り込みの場合があります。

〇勤務時間はどのくらい?
治験モニターの勤務時間が、参加する治験の内容によって様々です。通院だけで1日以内に終了する場合もあれば、通院で数日~1ヶ月以上拘束される場合もあります。

治験モニターをおすすめな人

この治験モニターはこんな人におすすめしています。
・集団生活に苦痛を感じない
・生活に制限(外出禁止・間食禁止など)が課せられても我慢できる
・注射が怖くない
・時間に余裕のある人
こんな人に特におすすめです。治験モニターは高額な報酬をもらえるメリットがありますが、我慢しなければならないこともあります。それらを踏まえて、多少のストレスは許容できるという人が治験バイトに向いているでしょう。

治験モニターを実際に使ってみた口コミ

星4.5 やんごん さん
治験を通じて世の中の役に立っていると感じられることが嬉しいです。自分の検査結果が誰かの未来をつくっていくんだと考えると、感慨深いです。また、治験の合間に研究者の方と軽くコミュニケーションをとることがあると、自分とは違う世界で働いている人の話が聞けてワクワクします。そういう方々に感謝してもらえると、自分がこの体を持って生きている意味を見いだせて前向きになれます。

星4.5 やんごん さん
私は自分が通っている大学で心理学実験などの被験者アルバイトとして普段から働いているので、治験もその一環として始めました。夏休みなどまとまった休みがある時をはじめ、学校帰りにサクッとできる治験もありました。治験は自分が普段関わりのない分野に触れて毎回ワクワクできるのが魅力です。知的好奇心が旺盛な人にはぴったりなアルバイトだと思います。

星3 コンテン さん
正確に検査をするために健康な人が求められます。検査内容にもよりますが、血糖値などの身体の数値が高かったり何か病気をしていたりする人はお断りされるかもしれません。さらに禁酒なども求められる可能性があるので、お酒が好きな人は大変です。年齢は20歳以上から参加できます。数は少ないですがとりあえず治験サイトに登録すのがいいと思います

口コミ引用先 to-Be

治験モニターの採用が決まるまでの流れ

1)治験モニターに応募
自分が参加したい治験のモニターに応募します。

2)説明会に参加
応募が完了すると、治験の説明があります。基本的には説明会の案内がありますので必ず参加しましょう。

3)健康診断受診
説明会の後に健康診断があります。説明会とあわせて健康診断を実施する場合もあるようです。健康診断の合否によって治験に参加できるかが決まります。

4)治験に参加
合格となった場合、治験がスタートします。

治験モニターのご登録はこちら

登録方法はとても簡単です。
まずは、公式ページから、治験モニター無料登録をクリックして、登録フォームへ進みます。
次に、お客様情報を入力し、規約を確認して送信したら完了です。

治験モニターのご登録はこちら