TREZOR

TREZORの特徴

Trezorとはビットコインをはじめとする暗号資産(仮想通貨)をオフライン上で保管することができるコールドウォレットの一つです。
Trezorはウォレットの中でも、コールドウォレットという種類に分類されます。
コールドウォレットは、ネット環境から暗号資産(仮想通貨)の秘密鍵を切り離すことによって不正にコインを利用されるのを防ぐというものです。
ネットに繋がっていなければ当然ハッキングなどの影響は受けるわけありませんよね!
だからネットを使って盗まれる心配はない!というわけです!
ただし、Trezor内の暗号資産(仮想通貨)を操作するためにはPCに接続しなければならないので、一時的にインターネットと繋がることになります。
実はコールドウォレットにもさらに細かい種類があり、Trezorはその中でもハードウェアウォレットというものに該当します。
ハードウェアウォレットはUSBと同じくらいの大きさのため軽量で持ち運びに便利なのが特徴です。
Trezorは下記の暗号資産(仮想通貨)だけでなく、MEW(MyEtherWallet)と連携することでイーサリアム系の暗号資産(仮想通貨)も管理・保管することができるようになります。
ビットコインやイーサリアムといった定番のコインから、ダッシュやネムのようにあまり聞き慣れないものまで対応しています。
また、最新型の「Trezor Model T」では新しくリップル・イオス・エイダコイン・モネロなどの通貨にも対応しました。
これだけたくさんある暗号資産(仮想通貨)をTrezor一台で管理できるのは非常に便利ですね。

TREZORの使い方

初期設定
専用のアプリをインストール
サイトからアプリをインストールします。
Trezorの名前を入力
アプリを開くとTrezorに繋げと出るので、繋いでそのままTrezorの名前を入力します。
PINコードを入力します。
3×3のマスはTrezor本体に出ている数字マスに対応しています。
例えばTrezorで真ん中の数字が1になっていれば真ん中の『・』を押すと数字の1を入力することができます。

このTrezorに載っている数字のマスの順番は毎回変わります。パスワードは『十分強い』強度で設定しましょう。
リカバリーシードの設定
その名の通り復元するときに必要なコードなのでもし流出した場合、資産が盗難されることに繋がります。
24個のフレーズが順次出てくると思うのでその順番に紙面に書いていきましょう。
ちなみにこの時、Trezorに同封されているリカバリーシートを利用すると便利です!
フレーズは基本的に紙面上で管理することになりますが万全のセキュリティの下で管理してください。

TREZORをおすすめな人

このTREZORはこんな人におすすめしています。
・安心して暗号資産(仮想通貨)ライフを送りたい人
・ハードウェアウォレットをまだ持っていない人
・こんな人に特におすすめです。今や最もメジャーなハードウェアウォレットのひとつとして定着しているイメージのあるTREZORですが、ファームウェアアップデートなども行われ、今後もさらに改良されていくと思われます。

TREZORを実際に使ってみた口コミ

星5  ヒロさん
今後、確実に仮想通貨、ブロックチェーン技術が
広がって行くので仮想通貨を安全に保管するには
ハードウォレットがオススメです‼︎
ここのお店はキチンとしたお店なのでウィルスなど細工はされてない優良なお店ですので安心して下さい。 もう一つ予備で購入予定です。

星5 Amazon カスタマーさん
レジャーナノsも所有してますが、モナコイン用に購入しました。問題なく安心して使用してます。

星3 swoonさん
とっても普通だぴょん。というかとっても高いんだなこれが。競合他社が少ないのでしょうがないですね。

口コミ引用先 Amazonレビュー

TREZORのご注文はこちら

ご注文方法はとても簡単です。
まずは、公式ページからご希望の商品を選択して、カートに入れて、購入に進みます。
次に、お客様情報を入力して、お支払方法を下記から選びます。
・銀行振込
・クレジットカード
・ビットコイン/アルトコイン支払い
内容を確認して完了です。

TREZORのご注文はこちら