火災保険申請事務局

 

火災保険申請の特徴

火災保険申請事務局は、電話やメールでの相談対応や、専門スタッフによる現地調査、加入している保険会社への申請など、戸建ての火災保険を活用する「火災保険の申請サポート」サービスです。
火災保険の手続きについて「累計7,000件」の依頼を受領している実績のある団体です。

築7年以上の建物を対象として、
「破損箇所の確認」
「保険が適用されるかどうかの判断」
「申請に必要な書類の準備」
など、すべてを “丸投げ” することができます。
プロが現地調査・破損確認をしてくれるため、保険認定率も「95%」と高い数値を推移しています。
さらには、被害がなかったとしても、費用は一切かからないので、安心です。
申請を行うだけで「大きなお金」が飛び込んでくることを考えると、まさに “棚からぼた餅” ではないでしょうか。

火災保険申請の上手な使い方

些細な不具合でも、住んでいる地域で「過去3年以内」に自然災害が起こっていた場合、その災害による被害として保険を申請することができるのだ。
これは火災保険に入っている人全員が知っておくべき、知識だろう。
実際に「築7年以上の一戸建て」のなんと「約95%以上」に被災箇所が見つかるという。
このようなちょっとした破損でも、修理費用として「平均104万円」の保険金が下りる可能性がある。
ここまで確実に、リスクなく大金を受け取ることができることに、はじめは誰もが驚くだろう。
申請から「約60〜90日」で作業が終わり、「平均104万円」の保険金を受け取ることができる。
そして何より驚きなのが、実は受け取った「約104万円」に関しては、必ずしも家の修繕に充てなくてもかまわないという点だ。
保険金は「見舞金扱い」のため、修繕に使うかどうかは個人の自由。
極端な話、そのまま「貯金」に回しても良いし、「車の購入費」に充てたってかまわない。
今まで自覚していなかった破損による保険金であるため、修繕の必要性を感じないことも多く、当人からしてみれば “棚からぼた餅” で現金が降ってくるようなものだ。
ただ、被害を申請をするためには1つ問題がある。
自宅の屋根から配管周りを入念に調べ、被害を立証したり、
書類を集めたり、手間が膨大にかかるのである。
また素人目では、それが “保険適用範囲” だと判断するのは難しく、無駄な努力になってしまいかねない。
このように手続きの面倒さと、素人には判断しにくさから、被災の自覚があっても補償を申請しない人が多かった。
そんな中、この面倒な火災保険の申請手続きを一手に担ってくれる無料サービスが、「火災保険申請事務局」である。

火災保険申請をおすすめな人

この火災保険申請はこんな人におすすめしています。
・火災保険に加入中の人
・うちが古くなって、破損が増えてきた
・被災の自覚があっても申請の仕方が分からない人
こんな人に特におすすめしています。火災保険申請は、現地調査から被災箇所の修繕お見積り、申請書類の作成までサポートを行っています。不動産会社様とも連携をとり、戸建てだけに限らずアパート、マンションやビル、工場など幅広く取り扱いしております。

火災保険申請を実際に使ってみた口コミ

口コミ1
実家を売ろうとしていたところ保険適用箇所があり、臨時でお金が入ったので良かったです。

口コミ2
屋根瓦が一枚割れていて、相談するまでは気付きませんでした。無料なのに丁寧で驚きました。

口コミ引用先 自社モニターアンケート

火災保険申請のキャンペーン

今なら相談するだけでAmazonギフト券1万円分プレゼント中!
対象者
・戸建てをお持ちの方 ・アパート、マンションをお持ちの方 ・対象火災保険に加入中の方
火災保険申請のお申込みはこちら
お申し込み方法は簡単です。
まずは、公式ページから、お申込み欄に、お名前とメールアドレスを入力し、次へをクリックします。
次に、お電話番号と備考を入力し送信をクリックして完了です。

火災保険申請のお申込みはこちら